HOME > エステサロンの変遷&マーケット

メイン画像

エステサロンの変遷&マーケット

日本では明治時代に行われた「美顔術」と呼ばれるフェイシャルケアがエステの始まりとされています。それが所得にゆとりができた1970年代から、フェイシャルに限らずボディケア、痩身、脱毛など全身美容としてトータルに提供するエステサロンが広まりました。

かつては一部の女性の間でのみ利用されていたエステサロンですが、現在では幅広い年齢の女性がエステへ通っています。また、最近では男性の利用者も徐々に増え、メンズエステも増えてきました。

2014年の市場調査では、エステティックサロンの市場規模は3,600億円ほどで前年から伸びているものの、美容系サービスの中ではそう高くはありません。
消費者にとってエステはまだ特別なものと考えられているところがあり、日常的なお手入れのひとつとして生活の一部に取り入れられる余地はまだありそうです。

salon_image

ページの先頭へ

Copyright(c) 2017 ホットペッパービューティー(Hotpepper Beauty)掲載申込み窓口 All Rights Reserved.